ハワイアンジュエリーFUN!!:サイト名

ハワイアンジュエリーのデザイン

ワイアンジュエリーは、一人一人の好みに合わせた唯一無二の、この世にたった1つしか存在しないオリジナルジュエリーです。ブライトリングの時計ともあいます。ハワイアンジュエリーをオーダーメイドする場合、主に3つのデザインを決めなくてはなりません。それはジュエリーの周りのデザインとなる「ふち」の部分と、文字の彫り方、全体的なデザインパターンです。それぞれどのようなデザインとなるのかをご紹介します。

ふちのデザイン

ふちの部分はジュエリーの外周のデザインです。指輪タイプやバングルタイプの場合はふちがどの部分かわかりやすくなりますが、ペンダントの場合は、ペンダントヘッドの右と左の両側がふちに当ります。 ふちにはいくつかの方法があり、一つは「カットアウト−カットアウト」と言い、ジュエリーのデザインパターン(柄)にそって切る方法。一つは「ダイアモンドカット」と言い、ふちの周りに縦線を入れる方法。このふちの周りに線を入れる作りにはダイアモンドカットの他に、斜め線を入れる「ロープカット」とふちを丸みを持たせてカットする「コインカット」があります。ふちに何も装飾しない方法を「プレーン/ストレート」と言い、シンプルながらもデザインとしてスッキリとしているので十分魅力あるデザインになります。

文字のデザイン

彫りいれる文字の種類は二種類から選べます。一つは「エナメルタイプ」で、このデザインはハワイアンジュエリーにとって伝統的な文字の入れ方となってます。もう一つは「レイズド(浮き彫り)」と呼ばれ、文字をそのまま削る方法です。浮き彫りタイプと違って手間があまりかからず、仕上げも早いことから近年主流となっているタイプです。

デザインパターン

ハワイアンジュエリーの見た目に一番特徴があるのは、このデザインパターン。ハワイアンジュエリーオリジナルのデザインとなっているものに「マイレリーフ」、「ホヌ」、「プルメリア」が挙げられます。このモチーフは、カナダやアメリカのインディアンジュエリーでいう動物や植物のモチーフにあたります。

Valuable information

バイクの査定を行う
Copyright(C)2008 HawaiianJewelry-FUN. All Rights Reserved.